台北のおしゃれなラウンジバー。

台北(台湾)に旅行予定の方にぜひ訪れていただきたいお店があります!
それは、『無限發展有限公司』です。
中国語なのでよく分からない方も多いと思いますが、『Nep.Lounge Bar』というのが英語表記となります。
そう、ラウンジバーのご紹介です!

このお店を立ち上げたのはOL2人。
気配りあふれるおしゃれで洗練されたラウンジバーを作りたいという想いからスタートしたのだそう。
モチーフになっているのは「水族館」。
ブルーを基調とした内装が落ち着きを与えてくれて、また実際に店舗が地下室にあるということから本当に水の中に潜っているような雰囲気もあります。
”非日常的な海底世界”がテーマになっているとのことなので、とても興味深いですよね。

お料理のメニューもとても面白く、個人的には「回線焼うどん博多明太子風味 半熟卵添え」というものに注目しました。
台湾で日本の食材を使ったお料理が食べられるというのはうれしいですよね。
お酒がどんどん進みそうなメニューだと思いました。

他にも名物料理やプロのバーテンダーが作る自慢のカクテルなど、メニューは豊富です。
きっとあなたのお口に合うお料理が見つかるのではないでしょうか。

公式ホームページはこちらからアクセスできます。
住所などもご確認ください。

複合機で会社の経費削減を考えてみませんか?

複合機は、コピーとプリンター、スキャナ、ファックスなどの豊富な機能があることです。一台でいろいろ使えるので会社の経費削減とか、効率よい作業が可能になります。安く会社の経費を抑えるために『http://xn--8pru33cwvv.net/複合機でオフィスのコスト削減ナビ』を企業の担当者様は参考にしてください。

複合機は新規に購入されるのがサービスもいいし、インクが販売されてないなどの心配をいらないのでオススメですが、費用がかかるのがデメリットです。一方で、中古の機械は安くて、最近ではメーカーもサービスがよくてアフターケアもしてくれますが、やはり、トラブルがおこる可能性が高いです。そして、インクの入手が難しい場合もあります。このようなメリット、デメリットを比較して複合機の購入の検討をしましょう。

一方で、企業様で 複合機の導入を考える場合は、リース契約(複合機をメーカーから購入した会社に機械を導入した企業様が月ごとの料金を払うこと)をしている会社もあります。この契約は、手軽にできますし、月払いなので経費がかからないので魅力ですが、途中で解約ができないデメリットもあります。このように、いろいろな方法で複合機を導入できますが、いちばんよい複合機の導入をこのサイトをみて考えてみませんか?